中古マンション投資をするメリット|賢く稼ぐ

集合住宅

ローンの威力を知ろう

ローンにはレバレッジ効果があります。中古マンション投資をするのであれば、ローンを組んで中古マンションを購入し、レバレッジ効果を最大限に享受しましょう。現金一括で中古マンションを購入していくよりも、はるかに速いスピードで資産が積み上がっていきます。

集合住宅

将来性のある資産運用

都市部の良質な物件を選ぶのが、中古マンション投資を行う場合の基本であり、各種セミナーの内容も役立つでしょう。建物や室内のリニューアル工事を行って稼働率を高めたり、不動産価格が上昇したときに売却すると良いでしょう。

マンション

長期保有しよう

中古マンション投資の需要は今後も底堅いと予想されています。その理由はインフレーションの可能性にあります。インフレーションが起きれば、現金や国債を保有している方が資産価値下落リスクを背負い込むことになります。

早めに始めよう

メンズ

ここ数年、中古マンションの物件価格がじわじわと上昇してきており、都市中心部の物件では、築年数にもよりますが、表面利回りが5%から6%程度にまで下がってきています。それでも中古マンション投資が衰えない理由は、インフレーションリスクへの対策と、将来における安定収入の確保を目的として中古マンション投資をしている人が増えているからです。これらの人たちは、長期的な視点で投資をしているので、目先の値上がりはあまり気にしていません。そのため、買ったら保有し続けるというスタンスであり、売り物件が少なくなる一方で買い手の需要は増えているため、物件価格が上がっているのです。中古マンション投資をしようと考えているのであれば、早めに手を付けておきましょう。但し、付き合う不動産会社は十分に調べておくとよいです。一言に不動産会社と言っても、実需を伴うファミリータイプマンションを得意としているところもあれば、投資用物件を得意としているところもあります。投資用物件を専門に扱っているところには、投資用物件の情報も入りやすいです。中古マンション投資を始めるならば、投資用物件を専門に扱う不動産会社と接点を持つようにしましょう。インターネットで適当に物件を探して、不動産会社に問い合わせるという方法を取るよりも、まず不動産会社を絞って情報を提供してもらう方が良質な物件情報を得られる可能性があります。また、不動産会社によって得意とするエリアが異なるので、気になるエリアがあるようであれば、その街の不動産会社をあたってみるのもお勧めです。